AGAチェック

自分でチェックできるAGA

最近、髪が薄くなってきた気がしたり、抜け毛が増えてきたと感じることがあったらAGAの可能性があります。
AGAというのは男性型脱毛症を意味し、一般的に男性ホルモンの影響や遺伝が原因とされています。
AGAの見分け方にはいくつか簡単なチェックポイントがあります。
一点目は薄毛の祖父母がいるかという点で、遺伝の可能性があるのかを確認します。
二点目は薄毛になり始めたのは思春期以降か以前かという点です。
男性ホルモンが関係しているかを確認します。
三点目は頭のどの部分から薄くなり始めたかという点です。
AGAは主に頭頂部や髪の生え際から薄毛が始まるとされているので、それ以外の部分から薄毛が始まった場合、AGA以外の脱毛症の可能性が考えられるからです。
他にも見分け方がありますが、自分でもわかりやすいのはこの3点です。
気になったら、AGA 病院の専門医療機関で診察を受けてみるというのが一番ですが、心の準備の為にもまずは自分でチェックしてみるということも良いでしょう。


人から教えられる前に見分け方を知ろう

女性

薄毛で悩む男性の多くはAGAだと言われています。
AGAは男性型脱毛症と呼ばれ、早ければ20代で発症し、40代を過ぎると発症率は上がります。
徐々に進行していくため、気付いた時にはだいぶ薄くなっていた、ということも少なくありません。
AGAには特徴的な脱毛の進行パターンがあるため、見分け方を知り、人から教えられる前にAGAかどうかを確認しましょう。
簡単な見分け方は、自分がどのように脱毛が進んでいるかをみることです。
AGAは生え際や左右のこめかみから徐々に後退していく「A型」と「M型」、頭頂部から丸型に徐々に薄くなっていく「O型」に分けられます。
いずれも徐々に脱毛が進み、最終的には後頭部と側頭部に髪の毛が残ることも特徴です。
このような脱毛の進み方をしていれば、AGAである可能性が非常に高いです。
進行性の脱毛ですので、放っておけばどんどん脱毛が進んでしまいます。
早めに治療することで改善することができます。


知りたい!AGAの予防

女性

AGA(男性型脱毛症)とは、季節の変わり目に起こる抜け毛や薄毛でなく、ゆっくりと進行するのが特徴です。
自分はAGAかも、と疑いを持ち、その見分け方が知りたいと悩んでいる方もたいへん多いです。
AGAの見分け方ですが、先ず季節に関係なく薄毛症状が進行していき、額やつむじ周辺を中心に徐々に広がってきます。
今現在で、額やつむじ周辺で薄毛症状が見られない場合であれば、季節が変わるまで待って抜け毛が減るか薄毛症状が広がっているか見極める方法しかないのです。
つまり年間を通して自分の髪の状態を把握しておく事が大切です。
また、育毛を促進させるためには規則正しい生活とバランスのとれた食生活を送る事も重要です。
髪の毛はたんぱく質で構成されてますので、魚や大豆製品、乳製品などを積極的に摂ると良いです。
また、髪の毛の発毛を手助けしてくれる亜鉛を多く含む食品(牡蠣・レバーなど)も合わせて食生活の中に取り入れることで改善は期待できます。